イベント情報

ハルキストのデッド・ヒート #1

「小説の映画化について語るときに僕たちの語ること」

 

 

村上春樹作品についてハルキストが熱く語り合うトークイベントが、2年ぶりに帰ってきます。前回は「4月のある晴れた朝に100パーセントの小説に出会ったことについて」と題し、登壇者がそれぞれに村上春樹作品とのファースト・コンタクトを披露しました。あの時は試験的な試みというつもりで#0としていたのですが、#1となる今回はテーマを絞って、より深く。もしかすると、それこそデッドヒートとなり、口角泡を飛ばすことになるかもしれません。

 

お題は、小説と映画の関係。

 

村上春樹作品を原作とする映画って、少ないんですよね。それが、昨年秋からこの2月にかけて、『ハナレイ・ベイ』と『バーニング 劇場版』と、立て続けに公開されました。しかも、いずれも短編小説の長編映画化。さかのぼれば、『ノルウェイの森』や『風の歌を聴け』も映画になっていますが、それでも少ない。世界中に読者がいる作家なのに、これはなぜなのか。登壇者がざっくばらんに語らいます。

 

もちろん、原作小説や映画を観ておけば、より楽しめますが、ひよっこハルキストだろうとも、楽しく有意義に聴けるような内容です。わいわいやりましょう。

 

【ハルキスト(あるいはハルッキアン)】

大内幹男(FM COCOLO)、野村雅夫、柴田幹太、有北雅彦(以上、京都ドーナッツクラブ)ほか

 

【話題にするだろう作品】

『風の歌を聴け』(講談社文庫)

短編『納屋を焼く』(『螢・納屋を焼く・その他の短編』所収/新潮文庫)

『ノルウェイの森』(講談社文庫)

短編『トニー滝谷』(『レキシントンの幽霊』所収/文春文庫)

短編『ハナレイ・ベイ』(『東京奇譚集』所収/新潮文庫)

 

【日時】

2019年3月3日(日)開場15:30/開演16:00(18:00終演予定)

 

【会場】

チルコロ京都

 

【チケット】

前売1,500円(当日1,800円)+1ドリンク500円

 

 

お申し込みは→コチラから

 

 

グイダプリマベーラ養成イタリア語レッスン

人気の観光旅行会社「JAPANISSIMO」が、

旅行ガイド育成のためのイタリア語講座をチルコロ京都で開催します!

東京ではすでに開講され、すぐにいっぱいになる人気講座です。

東京オリンピックに向けて、旅行ガイドはますます必要とされる職業。

イタリア語を使ってお仕事をしたい方、絶好のチャンスに足を運んでみては?

 

好評につき第4期が開催中です!

土曜日11:00~12:30、チルコロ京都にて。

詳細はコチラから。